薬剤師が副業にするならドラッグストア

薬剤師が副業にするならドラッグストア

個人病院の門前の調剤薬局などに勤務すると、定時で仕事が終わることが多く、自分の時間をとることができます。最初は楽しいものなのですが、慣れてくると、時間がもったいなく感じてきます。

そんな時、副業を行う薬剤師も出てくるのです。副業をする場合、実はドラッグストアがオススメなのです。

深夜まで営業しているドラッグストアを副業に

ドラッグストアは夜遅くまで営業している店舗が多くなってきました。都内などでは24時間のドラッグストアもあります。郊外や地方でも22時や24時までのドラッグストアも珍しくありません。

昼の通常勤務が終わった後にも十分働けるのです。通常勤務の後に、少し自分の用事を済ませてから、夜の副業に向かうということも可能です。

時間を有効に使い、さらに収入も増やしたい人はドラッグストアを副業にすると良いでしょう。

薬剤師が少ない時間帯は時給が高い!

ドラッグストアで副業をする場合は、ぜひ深夜をオススメします。深夜と言っても夜8時以降は、相対的に時給が高くなります。

高いところでは時給5000円なんてところもあります。郊外や地方でも時給2500円ほどはあります。

薬剤師はまだまだ女性が多いので、夜や深夜は薬剤師が不足しているのが現状です。

人が足りないところに自分を売り込むのがチャンスです。夜時間が取れる人は夜間のドラッグストアの副業にチャレンジしてください。

夜のドラッグストアの副業は結構ラク

新宿や渋谷などの都内のど真ん中でない限り、夜のドラッグストアは21時頃からは客足は減っていきます。

お客が来ないのでヒマという辛さもあるのですが、マイペースに仕事をこなすことができるという点では、ラクであるといえるでしょう。

昼が激務だったりした後には、なんだか息抜きな仕事にもなります。

ドラッグストアの勤務だけだとそんな風に感じないかもしれませんが、昼と夜とで違う環境に勤務するだけでも体のリフレッシュになるのです。

自らのスキルアップ、知識アップにもなる

ドラッグストアで薬剤師に相談をしてくるお客は、様々な悩みを抱え、様々なジャンルの質問を投げかけてきます。それに答えるためには、様々な知識が必要となってきますし、コミュニケーション能力も必要となってきます。

調剤薬局や病院とはまた違った経験ができるのです。経験は無駄にはなりません。日中の仕事にも必ずプラスとなってくるでしょう。

薬剤師としてのスキルアップのためにもドラッグストアでの副業はどうでしょうか。

まとめ

薬剤師が副業を行おうとした時、ドラッグストアは絶好の職場なのです。

薬剤師としてのスキルアップを望む方、短期間で収入を上げたい方にはドラッグストアでの副業がお勧めです。

しかし、夜のドラッグストア勤務も様々な職場の状況や条件があります。

より良い条件のドラッグストアを見つけるためにも、転職サイトをうまく利用して副業の職場探しを行いましょう。

転職サイトランキングを見る